何故かねー、旦那 スマホ 肌身離さない!「理由は?」さあ、でもある時聞いたんだ。そんなに携帯が好きなら、私かそれ、どっちか選べよ!

「随分思い切りな選択ね」当然、携帯電話だそう。「...御愁傷様」それがキッカケで、別れちゃった。「マジで?」無いわ、流石に。

「ほっ...良かった」でも、深く傷付き、暫く別居する事に決定。私自身、思う処多々あり、山へ籠る事に。

「修行僧じゃん。時々発言おかしーわね...」でさ、山籠りすれば、色々見えてくるのよ、悟りが。「随分レベルアップしたんだ...」

ええ、旦那 スマホ 肌身離さない事も、許容出来るようにレベルアップ。「良かったな、最高じゃん!」勿論。

まぁそれ以前に、彼へ固執する事が馬鹿馬鹿しく感じ、離縁がベスト。「何でさ!分かりあえるんじゃ?」

旦那 スマホ 肌身離さないよ?どうせ不倫でしょ不倫。絶対嫌、自分へうわべだけ好き好き言いつつ、他の女とか最低。

旦那 スマホ 肌身離さない、許せんわ。「そうか、どう応えれば...」まー、全部全部作り話だけどさ。

で、ブラジルワールドカップ ドイツ代表の情報は?「ちーとお待ち。NAVERまとめでググってくるきに」何それ?

「えっとね、西ドイツがハンガリーに3?2で1954年、勝ったそう」ブラジルワールドカップ ドイツ代表が?

「まー、今になる前?」凄い事?「多分...;成績やし」へー。「他、1990年、イタリア大会じゃ、ベッケンバウアーが監督。ブラジルワールドカップ ドイツ代表は優勝!」

随分古っ...;最近、情報ねーの?「他...;特に...;」嘘ぉ、じゃやっぱ微妙?「おい。これだけ成績ありゃ、充分すげーぞ?4年に一度。つまり、古かろうが充分すげーっつー事」

やけにブラジルワールドカップ ドイツ代表、擁護するね。「昔、サッカーかじってた。優勝する事の重み、意義は理解出来る」

へー。「淡白な反応。まー...;あの国は、ほら、色々と事情がさ。あって大変そう」そうなの?「言わせんな馬鹿。東西統一を始め、色々さ」歴史の知識ゼロ、さっぱりだわー。

「何にせよ、現状、強敵である事、間違いなし!」うむむ、困る。「ええ...;厄介だわ」

婚姻届を一風変わったデザインに

今の主人と一緒になる際に、婚姻届を役所からもらってきたのですが、役所のやつは味気なく、あまり好きにはなれませんでした。

そこで主人と相談、もっと思い出に残る婚姻届を提出しようと決断。まず最初に行ったのは、インターネットでダウンロード可能な婚姻届の検索。

探せば色んなバリエーションが見つかり、中には無料で使えるやつもあり、主人とどれを使おうか、真剣に検討。

結局、お祝いにぴったりな薔薇の花束をモチーフにした、婚姻届をダウンロード。次にやったのが、役所への問い合わせ。

私はてっきりどこでも、必要な項目さえ揃ってれば、絵柄に関係なく受理してもらえると思ってたけど、実際は配布されている書類以外は、受理してくれない場所もあると、インターネットで読んだ為、気になったわけ。

持ってく予定だった所は、問題なく受理出来るとの返答。おかげさまで他とは違う、一風変わった用紙で、夫婦になる事が出来ました。もちろん、コピーは取ったよ。