ブラックジャック ルール、ご存知?「え?あのカードゲームだろ?」勿論。「いや、小学生でも、ご存知な筈だぜ」意外に奥深きゲームよ。

多少の知識で、マスターしたと思い込み、舐めてかかれば痛い目に遭う事必定。

「ちょ、舐めちゃねーが、何度もプレー、友人とやったから、大丈夫だ。ブラックジャック ルールなぁ」とにかく!もう一度聞くべき、おさらいするべき!

「説明厨?」違う、とにかく!一度改め、ブラックジャック ルール見直し...。「どーなる?別に知ってりゃ必要ありません」むー、そーよ?でも。

「くどいわ。今更ブラックジャック ルール?子供扱いの上、知識ひけらかす、最悪」うぅ...そこまで言わんでも...。

「泣きたきゃ泣け。お前など、知らぬ」酷い...、悪魔ね。「別に。...って、何故これほど険悪な会話に?!」貴方、馬鹿?自分で喧嘩売り、今更。

「喧嘩...?別にそげんつもり」絶交、口利かないわ!「おー、此方からお願いするぜ。さっさと失せろ」ちょ、ぐぬ...。「はっ!?俺、今、何を...」

脚本へ注目するように変貌

めったに映画館へ行かないんだけど、最近唯一行って面白いと思ったのがテルマエロマエ!

顔が濃いぃー俳優陣を集めたそうだけど、主人公の阿部寛をはじめ、宍戸開、北村一輝、市村正親等、ほんと顔の濃すぎる役者さんばかり。

ヒロインの上戸彩も可愛かったし、ほんと最初から最後までスクリーン目が離せなかった。すんごく好評で、続編となる2も、製作が決定した様子。

ゴールデンウィークに公開予定だそうで、今からめっちゃ期待してる。僕は温泉好きで、ロケ地のいくつかは過去に行った事があるんですよ。

天狗の温泉やら滝の見える展望風呂とか・・・浸かるのは至高の喜び。テルマエを見ていたら、尚一層温泉の魅力に気付かされたんは私だけ?

それにしてもやっぱ脚本が良いと、映画も面白いよね。出演俳優陣もそうだけど、面白いか面白く無いかは、脚本の出来が大きいかもしれません。

一人暮らしを模範的に過ごす

ちょっち質問!今も一人暮らし中な訳?「勿論」何時まで?「へ?随分変わった質問やね」駄目?「駄目」何故?「そりゃお前、失礼?」どうして?

「延々とつっこまれ...、此方も困るわぁ」困った?「全然」一人暮らしの魅力を、是非語れ!「語れと?」無理?「無理」理由をのべよ。

「そりゃ...私、語るの苦手」ふーん。「疑問視?」ええ、以前私へ長々と自慢話をしてくれた事、思い出したわ。「あれは...」例外?

「例外よ。お酒を呑んだ際、ちょっちテンション上り、饒舌に...ね?」同意求めた?「YES」私、酒豪でも酒乱じゃねーから。一人暮らし始め、全く飲酒の記憶ゼロ。

「へえ、随分健康的」当たり前、日々ジョキング、ストレッチ他、運動を欠かさず行ってる。「うわ」何?「滅茶苦茶、模範的生活。やばっ」やばって貴方...。

「私はもっと退廃的な、一人暮らし生活中」例えば?「日々お昼に起きる」うわぁ、最悪。「朝飯など存在せぬわ」

昼と夜だけ?「勿論」夜、なんじに床へ?「4時」冗談でしょ?「本当」超夜更かしー。